読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

letsspeak's diary

世界を大いに盛り上げるためのletsspeakの日記。

映画「君の名は。」の話

細かい考察とかメタファーは大体だれか書いてくれると思うので省略、やっぱり見た後の取りつかれる感じ流石だなと思う。

わりと若い世代のリアリティのある生き方とか表情とか心象風景というか、新海ワールドの絵によってすごい説得力を持っていて、すとんと心に落ちる。

それから入れ替わった事は夢が覚めて時間が経過すると記憶が薄れていくとか、これは芯にある映像作品そのもののメタファーなんじゃないかなとか思う。これが何回も繰り返されるから視聴者もまるで自分が体験しているような感覚に陥りやすい状態となって、視聴後にここまで心酔してしまうのかなと思った。

彗星の奇跡については前にhuluで見た「ランダム 存在の確率」っていう糞映画があるんだけれども、この糞映画のおかげで、「彗星が来たんだからおかしなことが起こっても不思議じゃないよね」って気持ちで健やかに視聴できた気がする。

因みに今回初めて立川の爆音上映に行ってみたけれど、思っていたよりは音が大きくなかった気がする(爆音というよりは音量最大だった)ので他の映画館でも見てみて比較したいところ。音と映像や衝撃がリンクする箇所が多いので音が大きいことは割と価値がある映画だと思う。

何はともあれここ最近の映画の中でもかなりの傑作。
未視聴の方には非常におすすめである。

ブートローダーとカーネルローダー

ポトリスというゲームで「継続ハ力ナリ」という名前のプレイヤーがいて、仲間内では「継続はかなり」さんと呼んでいました。いつも丸太をやっていた消防士(当時50)のごんべえさん、元気でしょうか?ワシャシャシャシャシャ!

ぐだぐだOSプロジェクト

さて、VirtualBoxでOS動いたら楽しいじゃん?から始まったプロジェクトを始めて半月くらいが経ちました。

letsspeak/myos · GitHub

金曜日は色々とアルコール摂取が必要なので仕方ないとしても、なんとか生活習慣として根付かせようと頑張った結果、今日やっとカーネルに突入しました。

f:id:letsspeak:20151021233049p:plain

この画像にあるBheckkingのBの部分がカーネルが動いている証拠で、今のカーネルの仕事はそこで終了です。

生活習慣の中にきちんと趣味を組み込むとやっぱり人に話したくなるもので、カーネルローダーの話とかみなさんまったく興味はないと思いますし、聞き流すのが普通だとおもいますが、それなりに濃い話をできるというのはとても楽しいものだなと実感しています。

ふつうのプログラムの開発でにっちもさっちも行かず前に進めない状態というのは中々ないのですが、今回は本当に日進月歩でした。
つまらないメモですがこれまでのなんとなくの履歴を残しておきます。

ブートローダ

まずブートローダー。VirtualBoxでOSを起動しようとすると、まずBIOSが動きます。
BIOSフロッピーディスクドライブのブートセクタ512バイトを自動的に読み込んで中に書いてあるプログラムを実行してくます。

512バイトというと、アセンブラの命令で結構たくさんのプログラムが組み込めるように見えますが、なにせ初心者なのでできるだけ画面に文字を表示させて安心したいものです。

たとえば、現在の状況がわかるように"Loading Kernel Loader..."という22文字を表示させる場合、文字列を512バイトの中に組み込むので残りは490バイトという感じで減っていきます。手順が5段階で各手順の状況を出力すると512バイトのおよそ2割が文字列の情報だけで埋まってしまうのです。

また、単に文字列を表示させるだけでは正直中の状態がよくわからない!ということでAXレジスターの値を16進数で表示させるプログラムを組んで状態を見ながら開発を進めていましたが、後半になるにつれてどんどん残りのサイズが減っていきました。
最後は本当は必要な処理を一旦コメントアウトして、デバッグ用の16進数表示のプログラムを中に入れたりしながら、ブートローダーが完成しました。

現代ではこんな経験はたぶんここでしか有りえないと思いますし、作ったところで特に意味はないですが、1週間くらいでできる中々に楽しい経験なので、プログラマーには割とおすすめです。

カーネルローダー

ブートローダーの16bitの状態ではセグメントレジスタ(指定値を16倍にしてくれる)を利用しても0xFFFF0+0xFFFF=0x10FFEFつまり111kB分のメモリアドレスまでしかアクセスできないので、カーネルローダーの中で32bitに移行してカーネルイメージの読み込みを行います。

これまで利用していたBIOSの機能は16bit用のプログラムなので、32bitに移行してしまうとこれらが一気に使えなくなります。これがかなりの鬼門でしたが、実はVRAMの領域に直接アクセスして値を書き換えてあげると画面に文字を表示することができるので、それを利用して32bit用の独自の画面表示の仕組み(文字送りなど)を512バイトの制限に囚われることなく書くことができます。

A20やGDTの指定、意図しないEDXレジスタへの副作用(おそらく)など、鬼門となる箇所が非常に多く「なぜ動かないのかが分からない」という事態に何度もぶち当たりましたが、毎日継続しながら小さな可能性をひとつひとつ潰していくことでひとまずは何とかなりました。

カーネル

よーしカーネルローダーが終わった!あとはカーネルを動かすだけだ!
と思ってから1週間ほどカーネルローダーを直し、カーネル側のコンパイルにも数日かかりました。

自作のプログラムを動かす都合上バイナリの先頭からプログラムが始まっていなければならず、リンカスクリプトをうまく読み込ませてコンパイルさせることが必要になります。このあたりgccなど慣れている人なら簡単に終わるのかもしれません。

まとめ

以上、そんな感じでひとまずC言語に到達できました。
今後はC言語で基本的な仕組みを整えつつ、ネットワークまわりから1MB以上のデータを貰ってくる必要がありそうです。

プログラマーとしてアセンブラとかいう非生産的な言語には一種の憧れがありましたが、実際に使ってみると何の役にもたたないただのクソ言語だったと感じます。
おそらくアセンブラ機械語を書いていた大昔のプログラマーも「こんなん絶対別の記述したほうがいいだろ」とか頭の中に現代を描きながら悶々とプログラムを書いていたに違いないと思います。

なんだかよく分からない纏めになりましたが、
継続すればなんとかなるというところは大事にしたいなと思います。

P.S. valley of the cityで韓日ギルドのダブルを盗んだ時の快感を今でも思い出します。

モチベーション

先週、ニコ生でドワンゴの勉強会が放送されていてなんとなく見ていたところ、
いつも通りエンジニアくさい人が色々喋っている中でとても良いものを紹介していました。

John Resig - Write Code Every Day

<日本語版>snowlong.hatenablog.com

できれば動画かその時のスライドを合わせて見て欲しいのですが、

www.slideshare.net

まとめると、
生きる目標に対して日々の中できちんとマイルストーンを置いてそれを習慣化させればとてもハッピーという感じでしょうか。

それから例の火事動画の事件、
配信していたサイトが妙だと思ったら個人製作でした!

aquapal

ここに作者:くくさまの製作物、製作年が載っていますがすごいバイタリティです。
マビノギにくくられて隠れていますが、装備シミュレーターなんかは見た目も確認できたりする代物で人知を超えています。
コツコツ継続するのが大事なんだな、と感銘を受けました。


そんなこんなを受けてモチベーションを高めながら、
最近は Virtual Box で自作OSを走らせるべくアセンブラと格闘しておりました。

letsspeak/myos · GitHub

コスプレ衣装製作もしたいし、色んなWeb/スマホアプリ作りたいし、時間割ツールもつくりたい中、なぜこれに火が着いたのかまったくもって謎ですが、少なくともプログラムに触った人間として一度はアセンブラを書いておきたかったというのも事実で、とりあえずは良かったかな。と思っています。

現時点でアセンブラやOSの製作に関して思うことは、

  • ハードウェアアーキテクチャやOS周りは歴史が長すぎて覚える(覚えなくてもいい)仕様が非常に多い
  • アセンブラは想像以上にただのツールだった
  • レジスタ2個くらいあればなんとでも書けそうなのが凄い
  • PUSHさんとPOPさんすげー
  • それもハードで考えると仕組みは簡単そう(な気がする)
  • CPUも自作すればだいたいのことがわかるのかもしれない
  • 札幌に忘れたので本を買い直した
  • OSから解放されたと思ったらBIOSさんの上だった
  • ブレークポイントは今まで魔法だったけれど、機械語のバイナリにINT3を入れるだけなら技術的にはそれほど難しくないのかも
  • 全部自作でパソコンっぽいもの動かしたい
  • BIOSとかチップセットとかどうすんの
  • せっかくなのでアセンブラから中級言語を...
  • 楽しい!

といった感じです。

なにより大事なのはまず前を向くことなのかな、と思いました。

雑記

生きています。

animatorexpo.com

毎日数回リピートする程度にははまっている。
モーション担当の人がはっちゃけて初回から付けてきたと言っていた足上げステップが最強にかわいい。

www.youtube.com

そういえばCMで聴いたことあるなと思って久々に聴いたらいたく感動した。

どうしてこんなに悲しい感じに聴こえるのかとても不思議でなんども聴いていたところ、
ちょっとナウシカっぽいなーなんて思ったりして、
ああ音楽って結局のところ
人生でこれまでに聴いた音楽体験が元になっている部分が大きいんだなあ
と改めて思った。

極めて単純な思考実験

- 自分とはまったく国籍も世代も違うような人が同じ曲でどんな感情を覚えるのか
- まったく文脈のない支離滅裂な音をどう感じるのか

とかしてみるとやはり明確で、
音楽だけではなく文化たるものは全て
それまでに受け継がれてきた数々の作品からの流れの上で、
どのように時代に合うかでその作品の影響力、人に与える印象が決まるんだなあと強く感じた。
(そういう意味では作品の評価というものはいたく曖昧である。)

もちろん人間であるがゆえの共通のビートであるとか、
音楽理論に基づいた曲調であるとかそういうものを含めても、
やっぱり記憶から呼び出される体験には勝てないんだろうなあという感じ。

そういうのを踏まえると、
文化の延長を作るような仕事って本当に大変だなあと思う。

また逆説的に淘汰で考える(無数の作品から時代にあったものだけが残る)とそこにある胎動は
政治的経済的その他様々な要因をもとにうねりができているのか、
とても不思議でもあるし、
そのような偶然が作品を生むのであればそれを源流とした作品もまた偶然となり
奇跡の連鎖によるバタフライエフェクトのようなうんぬん。

いまだに電脳化の夢は忘れないけれども、
年をとればとる程、
人という器にどれだけ人が縛られているのかをひしひしと感じる。

素晴らしき Daito Music のキセキ

Daito Music とは

株式会社大都技研というパチンコ/パチスロメーカーの遊技機に使われている楽曲です。
特にボーカル曲の人気と完成度が高く、知る人ぞ知る名曲が多く生み出されています。
またそのほとんど全ての楽曲がiTunesStoreで配信されており手軽かつ安価に曲を購入することができます。
今回はそのなかでも女性ボーカル曲に絞って名曲を紹介していこうと思います。

そこにあるかも知れない・・・

すべてはここから始まった!

4号機の全国的なパチスロブームでは「北斗の拳」(Sammy)、「吉宗」(大都)の2台トップ機種が圧倒的な稼働率を誇っていました。
「そこにあるかも知れない・・・」はその吉宗という台でBIG中に聞ける曲です。

吉宗 サウンドトラック - そこにあるかも知れない・・・ 試聴
https://itunes.apple.com/jp/album/id371964353

吉宗 サウンドトラック

吉宗 サウンドトラック

  • Daito Music
  • Soundtrack
  • ¥600

当時は浜崎あゆみの ayu-ro mix などユーロビート調の楽曲が流行したタイミング。これにパチスロ人口が増えた事が重なり、完全に時代とマッチした楽曲が生まれました。吉宗ファンの間ではあの曲は実は浜崎あゆみが歌っている説、尼崎あゆみという謎のアーティストが歌っている説、大都の社員が歌っている説などの噂が流れました。

大都のすごいところは、これまでサウンドトラックなど殆ど出していなかった2003年、6月に台をリリースしてからわずか半年の12月3日にこのサウンドトラックをリリースした所だと思います。本業が違っただけあって、異業種での活動のフットワークが軽かったことと、サウンドチームの熱がとても高かったことが要因なのかなと思います。

また、各地のパチスロ店には景品としてこのアルバムが置かれていました。曲を気に入って、なおかつギャンブルに勝った人がすぐに買えるという好循環が出来ていました。

Distance

4号機規制がはじまりそうな時期に吉宗の後継機となる「押忍!番長」が4.5号機としてリリースされました。そこで登場したのが「Distance」です。「そこにあるかも知れない・・・」のファンは、この曲を聞いた瞬間に、「ああ大都の曲のクオリティは信頼できる」という確信を持ったに違いありません。

押忍!番長 サウンドトラック - Distance 試聴
https://itunes.apple.com/jp/album/id371966138

押忍!番長 サウンドトラック

押忍!番長 サウンドトラック

  • Daito Music
  • Soundtrack
  • ¥600

イマ コノ トキ ダケ

調子に乗った大都は吉宗の正式後継機となるパチスロ台「新・吉宗」をリリースしましたが、見事に大ゴケをかまします。いまとなっては大都の風物詩とも言える大ゴケですが、そのなかでも Daito Music はさらなる新曲をリリースしています。

新・吉宗 サウンドトラック - イマ コノ トキ ダケ 試聴
https://itunes.apple.com/jp/album/id371975537

新・吉宗 サウンドトラック

新・吉宗 サウンドトラック

  • Daito Music
  • Soundtrack
  • ¥600

キセキの宇宙

「新・吉宗」が大ゴケしたとはいえ、「吉宗」はあの北斗の拳に次ぐ販売数を記録した台。大都はここで吉宗のパチンコ台「CR吉宗」を世にリリースします。あの吉宗のパチンコ版!ということで世の中的にはやや注目を集めますが、出玉のバランスが時代にマッチしていなかったことや、通常中がクソつまらなかったこと、画質が悪かったことなどが要因で、またもやヒットを掴む事ができませんでした。

が、しかし!この台とともに Daito Music の中でもっとも素晴らしい曲「キセキの宇宙」が登場したのです!!

CR吉宗 サウンドトラック - キセキの宇宙 試聴
https://itunes.apple.com/jp/album/id381641980

CR吉宗 サウンドトラック

CR吉宗 サウンドトラック

  • Daito Music
  • Soundtrack
  • ¥600

この曲はいままで聞いた全ての曲のなかでも私がトップレベルに好きな曲です。
0:00〜5:02までまったく非の打ち所がない、間違いなく神曲といえます。

CREA

その後の大都ですが、「爺サマー」という頭のおかしいテーブル数の台を出して小ヒット、「秘宝伝」の後継機を出して中ヒットなどしながら独自路線を突き進みつつ、糞台を出すという謎の良循環が生まれます。
この中で「秘宝伝」のさらなる後継機「秘宝伝〜太陽を求める者達〜」をAT機として出しますが、AT機はその特性上普通に打っていては揃う事のないボーナスというものがあり、そこに収録されていた幻の楽曲がCREAです。

秘宝伝 ~太陽を求める者達~ サウンドトラック - CREA
https://itunes.apple.com/jp/album/id595609029

Youtubeリーク版
https://www.youtube.com/watch?v=bvRqo4NcTEY

パチンコ/パチスロ系楽曲の魅力

パチンコ/パチスロ自体、いかに遊戯者を興奮させるかという視点から映像と音楽の同期効果はかなり初期から研究されています。今となっては曲+映像が流れるのが普通になってしまいましたが、やはり本気度の高いコンテンツは見ていて、聞いていて飽きないもので、とても楽しいです!

最後にDaito Music ではありませんが、もう一つお気に入りのムービーを紹介して終わりにしたいと思います。

CRぱちんこRio 「Perfect Pride」 ‐ ニコニコ動画:GINZA

上京するときに必要な準備のまとめ

こんにちは。
先週札幌から東京に来たばかりのひよっこが1週間実際に東京に住んでみて

「これは準備しておけばよかったなぁ...」
「これは準備しておいてよかった!」

と思うものが色々と分かったのでこのブログに纏めておきたいと思います。

準備しておいて良かったもの

1.iPhone

・電話やネットで仕事を探す
・家族や友達と連絡をとる
Twitterで寂しさを紛らわす
GPSで目的地までのルートを調べる
・目的の駅までの乗り換えを調べる

これらすべてiPhoneが無いと無理でした。
iPhoneはご飯の次に大事なライフラインになっています。

2.MacBook Air

MBAに限ったことではありませんが、
インターネットに繋がる環境とPCを用意しておくと良いと思います。
東京での生活における質、仕事の成功確率がグッとあがるのは間違いありません。
今後、万が一の時はお金にできる、という利点もあるかもしれません。

3.目標の整理

わたし自身完璧に整理していたわけではありませんでしたが、
自分の夢や人生における目標を整理しておくと、
東京に来て次に自分がとるべき行動が明確になり、様々な面で効率が良くなります。
また、苦しい局面でも精神的な負担が減り、楽しいと感じたりするようになります
上京するしないに限らず個人的にとてもオススメしたい準備です。

準備しておけば良かった...もの

1.足腰の鍛錬

東京は本当に広いです。
電車の乗り換えや自宅から駅への徒歩、目的地への徒歩、かなり足腰を使います。
極度の運動不足にも関わらず、東京に出てすぐに肉体労働をしたせいもありますが、
来て1週間は毎日足が痛くて、はりっぱなし、水ぶくれもたくさんできました。

なので、まずは足腰を鍛えておくと良いです。

また、日雇いの建設現場などのお仕事も足さえついてくればいくらでもできます
お金がなくても、家がなくても、きっとなんとかなります。

どうしても、という方は自転車生活のための費用を準備しておくと吉です。

2.お金

初めての土地で家を借りて生活してみると、予想以上に必要なものがでてきます。
1ヶ月分の家賃程度で良いので、少しでも貯蓄を用意しておくと、
効率のよい生活ができるようになると思います。
飛躍する自信のある方は、最悪魔法のカードに手をだすのもありかもしれません。

3.友達

できれば一緒に上京する友達や、東京に住んでいる友達がいると良いです。
自分の目標のために突き進んでいても、やはり寂しさは残るものです。
わたしはさっそく旧友2人と会いましたが、
濃密な時間を過ごす事ができて本当に励まされました。

4.家

札幌を出ると決めて1日で家を契約して
2日後東京に来たのですが、これが大失敗でした。

いまは部屋という概念が失われたシェアハウスの中で、
普通の音を出すこともはばかられる状況になってしまいました。
ちなみにですが、この部屋(ではない空間)のカギはナンバー式の南京錠です。

ネットで検索すると家の間取り、写真を確認できますが、
物理的・金銭的な余裕があるなら必ず実際に行ってみて、
家の下見をしたほうが良いです。

5.服

北海道からきたわたしから見て、
東京はこの時期でもかなり暑く大量に汗をかいてしまいます。
服が少ないということは、その分洗濯に割く時間が増えるということになります。
替えの服は最低でも2日分、余裕をもって4日分は欲しいところです。


以上です。
これから上京を考えている、どこかの誰かの参考になったら幸いです。

スタートアップ

あけましておめでとうございます。

私はどうやらお酒が入るとブログを書きたくなるらしい。ちゃんと調べれば、今までのブログ記事の中で技術的ではない内容のほとんどがお酒が入った時に書いている、という統計結果がでるだろう。

そもそも、朝仕事に行く時も、時には仕事中も、お風呂に入っている間も、寝る前も、わりと色んな事について考えていて、ほんとうはブログにガンガン投稿していきたいのだけれども中々面倒くさがりだったり、恥ずかしい内容なので書くのを控えてしまう。

それでも今年は色々吐き出していきたいなー!
という事で、まずは今年の豊富、スタートアップの話からはじめようと思う。

        • -

何かをしたい、はじめたい、でも中々できない。
私も去年Trelloで管理していた目標のほとんどが達成出来ていない。
なぜ達成できなかったのか、過去に達成できたり、できそうだったりした目標と何が違ったんだろう。と思い返してみた。


わたしはどんな物事でも成す事はとても簡単だとなめきっていて、
ほんとうに単純な意識の違いでしかない、と思っている。


何か目標をたてて、それが達成できなかったとしたら、話はとても単純。
意識が低かったんだ。はいおしまい。

意識が低い状態になると、ひとは怠けようとする。
うまくいかなそうでも興味がなくなる。
失敗したらひとのせいにする。
これは勉強でも、仕事でも、遊びでもおなじで、どんどん目標から遠いほうにむかってしまう。
そのほうが楽だし、頭をつかわずにすむ。

(ただ、成功体験の少ない人や自分に自信のない人は無理に目標をたてないほうがよいかもしれない...。)

では具体的にどう意識が低かったんだろうか。
これも単純な話だった。

目標に具体性がなさすぎた。


○○を成功させる! → 成功ってなに?
○○をつくる! → どうやって?
○○をつくるために作戦をたてる! → どうやって?
○○をつくるために作戦をたてる時間をつくる! → どうやって?


曖昧な目標ほど意味のないものはない。
とくに成功や失敗というような具体性のない目標は、たとえそれがうまくいっても全くもって意味がないだろう。
よく、目標は人に話したほうが良いというが、この辺の具体性を補強するためなのかなとも思う。


○○をつくって1000人に使ってもらう!
○○をつくって1億円儲ける!


というように具体的な目標にしなければ、それがうまくいったか反省すらできない。
これがちゃんとした目標だ。ちゃんとした目標を持とう!!

そして目標の維持のしかたについてだけれども、


必ず、大きめの紙を用意して、自分の手で、できるだけ太いペンではっきりと目標を書く事。それを見える場所に貼ること。


これが大事。去年わたしはTrelloという素晴らしいツールに目標を書いて、Chromeのホームページにして毎回開くように設定していた。
私の中で薄々気づいてはいたが、これでは全然だめだ。

毎日現実世界の目標として、リアルな目標を見て感じて考える。
そのためにはやはり、紙に書いて貼ることが最も重要だと思う。


- 目標は現実的に、実現方法も含めて具体的にたてること
- 目標が決まったら必ず紙に書いて見える場所に貼ること


今年の抱負ではしっかりと実践していこうと思う。