letsspeak's diary

世界を大いに盛り上げるためのletsspeakの日記。

上京するときに必要な準備のまとめ

こんにちは。
先週札幌から東京に来たばかりのひよっこが1週間実際に東京に住んでみて

「これは準備しておけばよかったなぁ...」
「これは準備しておいてよかった!」

と思うものが色々と分かったのでこのブログに纏めておきたいと思います。

準備しておいて良かったもの

1.iPhone

・電話やネットで仕事を探す
・家族や友達と連絡をとる
Twitterで寂しさを紛らわす
GPSで目的地までのルートを調べる
・目的の駅までの乗り換えを調べる

これらすべてiPhoneが無いと無理でした。
iPhoneはご飯の次に大事なライフラインになっています。

2.MacBook Air

MBAに限ったことではありませんが、
インターネットに繋がる環境とPCを用意しておくと良いと思います。
東京での生活における質、仕事の成功確率がグッとあがるのは間違いありません。
今後、万が一の時はお金にできる、という利点もあるかもしれません。

3.目標の整理

わたし自身完璧に整理していたわけではありませんでしたが、
自分の夢や人生における目標を整理しておくと、
東京に来て次に自分がとるべき行動が明確になり、様々な面で効率が良くなります。
また、苦しい局面でも精神的な負担が減り、楽しいと感じたりするようになります
上京するしないに限らず個人的にとてもオススメしたい準備です。

準備しておけば良かった...もの

1.足腰の鍛錬

東京は本当に広いです。
電車の乗り換えや自宅から駅への徒歩、目的地への徒歩、かなり足腰を使います。
極度の運動不足にも関わらず、東京に出てすぐに肉体労働をしたせいもありますが、
来て1週間は毎日足が痛くて、はりっぱなし、水ぶくれもたくさんできました。

なので、まずは足腰を鍛えておくと良いです。

また、日雇いの建設現場などのお仕事も足さえついてくればいくらでもできます
お金がなくても、家がなくても、きっとなんとかなります。

どうしても、という方は自転車生活のための費用を準備しておくと吉です。

2.お金

初めての土地で家を借りて生活してみると、予想以上に必要なものがでてきます。
1ヶ月分の家賃程度で良いので、少しでも貯蓄を用意しておくと、
効率のよい生活ができるようになると思います。
飛躍する自信のある方は、最悪魔法のカードに手をだすのもありかもしれません。

3.友達

できれば一緒に上京する友達や、東京に住んでいる友達がいると良いです。
自分の目標のために突き進んでいても、やはり寂しさは残るものです。
わたしはさっそく旧友2人と会いましたが、
濃密な時間を過ごす事ができて本当に励まされました。

4.家

札幌を出ると決めて1日で家を契約して
2日後東京に来たのですが、これが大失敗でした。

いまは部屋という概念が失われたシェアハウスの中で、
普通の音を出すこともはばかられる状況になってしまいました。
ちなみにですが、この部屋(ではない空間)のカギはナンバー式の南京錠です。

ネットで検索すると家の間取り、写真を確認できますが、
物理的・金銭的な余裕があるなら必ず実際に行ってみて、
家の下見をしたほうが良いです。

5.服

北海道からきたわたしから見て、
東京はこの時期でもかなり暑く大量に汗をかいてしまいます。
服が少ないということは、その分洗濯に割く時間が増えるということになります。
替えの服は最低でも2日分、余裕をもって4日分は欲しいところです。


以上です。
これから上京を考えている、どこかの誰かの参考になったら幸いです。